寒天ダイエットでキレイにやせる簡単方法
寒天とは、天草(テングサ)やオゴノリなど海藻の煮汁を凍結し、乾燥させた食品のことです。

寒天は、加熱するとゲル化し、冷めるとゲル化したままの状態で固まります。
この寒天は保水力に優れ、1gで100ccの水を固めてしまう力を持っています。
そのため、腸の中に入っても、ゲル化した状態のまま腸内に長く停滞するので、非常に腹持ちがよく、満腹感が持続されることから、ダイエットに効果があると注目されました。

寒天そのものはノンカロリーで、食物繊維が豊富。そんな寒天を使って行うのが寒天ダイエットです。
食物繊維は、消化管内で、糖の吸収を抑えたり、コレステロールを吸着し、脂肪を包み込んで排出したりする働きをします。
腸内のごみそうじをして、便通をよくすることはよく知られていますね。
ただ、食物繊維に脂肪や糖などの吸収を穏やかにする作用があることは、ダイエットにとても都合のよいことですが、体にとって必要な栄養素をも排出してしまうので、極端な摂りすぎには注意が必要です。
所要量は1日5~15g。


●簡単!寒天ダイエットの方法

食事の10分くらいまえに、寒天を溶かした飲み物や食品を摂取して、満腹中枢を刺激させてから、主食(ご飯やパンなど)を控えめにした食事を摂ります。主食の量を減らしても、寒天が消化器官内に長く停滞しているので、空腹感を抑えられるというわけです。
寒天自体にもダイエット効果はありますが、ダイエットピルのような働きをするわけではないので、あくまでも食事によるカロリーコントロールは必要です。
つまり、寒天さえ食べていれば、そのあと脂肪や糖分をたっぷり摂っても大丈夫というわけではないからです。
脂肪や糖分の吸収を阻害するといっても微々たる物。
寒天ダイエットは満腹感を持続させ、空腹感を抑える効果がありますが、同時に食事内容など食生活を改善しないと、寒天ダイエットをやめたとたん、リバウンドしてしまう危険性があります。
ダイエットしても胃が小さくならないので、そのままの量を食べ続けるとあっという間に戻ってしまいます。

それでも寒天は手軽に手に入り、料理、デザート類、飲み物など、何にでも使えるという利点があるので、うまくコントロールしながら行えば、寒天ダイエットは簡単で楽々続けられる方法だと思います。ダイエット中、どうしても空腹に耐えられなくなったときなどの間食に利用するのもいいでしょう。


●寒天ダイエット・バリエーション

  • 寒天ドリンク・・・・・粉寒天や水で戻した棒状の寒天を好きな飲み物(ホット)に入れるだけ。
    ※寒天の匂いが気になる場合は飲み物を濃い目にすればOK!
  • 和食・・・・・胡麻豆腐、酢の物
  • 中華・・・・・あんかけ料理、中華サラダ
  • 洋食・・・・・コンソメゼリー、テリーヌ、寒天ゼリーなど

寒天ダイエットでキレイにやせる簡単方法