食べないでやせる
という短絡的なダイエットをすると、キレイにやせられないばかりか、かえって太ったり、体や心にもさまざまな障害が現れてきます。だから、きちんと食べないでやせるダイエットの危険性をしっかり知った上で、健康的にやせるダイエットを心がけることが大切です。


・体を維持するために必要な栄養素は減らさないで

ダイエットは、体についている余分な脂肪を減らしてバランスのいい体型になることが目的です。だから糖質や脂質などを減らすことで食事全体のエネルギーを抑えることが基本になるわけですが、栄養のことを考えずに極端に摂取カロリーを抑えたり、ダイエット食品と呼ばれるひとつの物だけを食べるような極端なダイエットを続けると、たとえやせたとしてもいろいろな障害が出てきてしまうのです。

ミネラル、カルシウム、鉄、ビタミンは体を維持するのに必要な栄養素。またホルモンや酵素をつくり、筋肉の元になるたんぱく質などは、ダイエット中むしろ余分に必要なことも。


このことを無視して無理なダイエットを続けていると貧血の症状が現れます。鉄分やたんぱく質の不足で、代謝のためのホルモン分泌も衰えてきます。だるさ、偏頭痛、ついには生理がストップしてしまうということも。

そればかりか、過激なダイエットを繰り返すことで、肌荒れや、髪の毛が弱くなり抜けやすくなる、などの美容面でもよくないことが起こります。でもこれは、体が自分の中のたんぱく質を維持しようとする動きなんです。また内臓が弱まって肌トラブルを起こすということも考えられます。

この場合、体重は減っても体脂肪が減っているのではなく、体タンパクが減る、つまり筋肉が減っているのです。そしてもっと悪いことは、これを繰り返すことで、今度太るときは100%が脂肪になってしまうということ。つまり、やせにくく太りやすい体質になってしまうわけです。

こうしたダイエットは、外見だけでなく、内側からの老化にも拍車をかけることに。肝臓が弱くなって体の抵抗力が低下したり、ホルモン分泌の低下が糖尿病を引き起こしたりする危険も。それにダイエットを繰り返す人たちに骨密度が低い人が多いという研究結果もあるくらい。まだ若いから大丈夫ということはありません。将来的に骨粗しょう症(骨の中にスが入った状態)になって、骨折しやすくなるという状態になってしまいます。

このように食べないでやせるダイエットは、心も体も着実に蝕んでいく危険な行為です。だからバランスの取れた食事と適度な運動の組み合わせで正しいダイエットを心がけることが重要です。ダイエットの目的は健康的にやせることという趣旨を忘れないで。

Page 4 of 4