ご飯は太る
と思って、あっさりした麺類を好む人も多いようですが、めん類もご飯と同様、糖質が主なので、意外と高カロリーです。そしてめん類は、乾麺の状態では、どれも100gあたり360kcal前後。これは、ご飯をお茶碗に2杯分くらいに相当します。

ダイエット中だからといって、ヘルシーなイメージのざるそばを食べる人がいますが、つけあわせで食べるものもなく、栄養のバランスが悪いのが難点。量を食べた割には、満腹感も持続しにくいので、すぐにお腹がすいて間食に手が伸びてしまうなんてことにも。

スパゲティーは腹持ちがいいのですが、ミートソースやカルボナーラなどにして食べると、高カロリーになりがちです。

またラーメンもダイエットには不向き。塩分が多く、脂もたっぷり、高カロリーです。野菜や肉類をプラスして、スープは残すように。

でもダイエット中とはいえ、適度な炭水化物は必要です。だから、めん類を一切絶つなんて必要はありません。めん類を上手に食べるコツは『具を工夫する』こと。単品でざるそばやうどんをとるのではなく、肉や野菜をたっぷり加えて、逆に麺を少なくすると、ダイエット中でも安心して食べられます。要はバランスが大事。糖質に偏るのではなく、たんぱく質や野菜、食物繊維をたっぷり加えることで、バランスがよくなります。さらに満足感が得られ、満腹感も持続するので、ダイエットにも有効になります。


乾麺100g当たりのカロリー


日本そば 360kcal
糖質がかなり多い。ざるそば、かけそばなど、麺だけの食べ方は、満足感を求めてついほかの物に手を出してしまいがち。薬味などをたっぷりつけたり、体を冷やさないためにも蕎麦湯などを頼むように。

スパゲティ 378kcal
めん類の中ではたんぱく質がやや多い。糖質も多く、油を使った調理法で食べることが多いので、高カロリーになりがちに。野菜サラダなども一緒に食べましょう。

うどん 358kcal
糖質と塩分が多い。栄養面を考えると、具で工夫をしたいところ。野菜や肉、卵などをたっぷり加えて、麺を少なくしてボリューム感をアップさせて、満足感を出しましょう。

ラーメン 369kcal
油で揚げた乾麺の場合、498kcalに。スープには塩分や脂分が多く含まれているので高カロリー。野菜をたっぷり加えて、麺を少なめに。特にギトギトのスープは控えて。

そうめん 363kcal
うどん同様、糖質と塩分が多い。冷やしそうめんで食べるときは、体を冷やし過ぎないように、薬味をたっぷり添えたり、栄養バランスを考えて野菜やたんぱく質も一緒にとるようにして工夫しましょう。

ヴィーナスラボ 激安 送料無料
フランス発ボディケア成分+TV・雑誌で話題の温め成分『生姜エキス』配合の温感マッサージジェル。スリム成分グラウシン、ユニスリム、イタリアVIMA社独自成分『リポライスHCC』配合。美肌成分-天然海ミネラル・コラーゲン・ヒアルロン酸・グリチルリチン酸、育成型酵母エキス、大豆エキス、ビワ葉エキス、3種のビタミンC配合。マッサージしながら塗るとじわ~っと温かい! 気になる二の腕、ウエスト、ぼってりお尻、パンパンむくみ脚のマッサージに使用して!