地中海式ダイエット
とは、地中海沿岸地方の食事習慣が生活習慣病の予防・治療に効果があることから注目されたダイエット方法。1950年代~1960年代にかけて、アメリカ人生物学者アンセル・キーズ博士が中心となって、研究・考案されたもの。厳しい食事制限によるダイエットと違って、無理のない健康的にやせる方法です。即効やせたい!という人には不向きですが、長いスパンで食事を楽しみながら、健康的にやせるという考え方で参考にしてみては?

地中海式ダイエットはの食事法のポイントは以下の通り。

1.血中コレステロール値を下げる働きのある不飽和脂肪酸を含むオリーブ油を使う。

2.パスタや穀物植物性たんぱくのを食べる。なるべく精白度の低いものを。

3.魚介をよく食べる。不飽和脂肪酸を含む青魚など。

4.肉は赤身で。脂肪分を除いて食べる。

5.野菜・果物を多種食べる。

6.甘いものは果物はちみつで。

これを実行してやせる効果があるのは、カロリーが高く、動物性脂肪が多く、糖質が少ないアメリカ型の食生活をしている人かもしれません。

でも日本人にとっても、この地中海ダイエットから、食材の選び方、そして食事のバランスのとり方など学べる点は多いのでは?やはり、動物性の脂肪を控えて、食物繊維をたっぷり、そして旬の土地のものを食べる、ということがどんなダイエットにも効果的だといえると思います。

Page 2 of 4