ときいただけで、太るというイメージがありますが、大豆などの植物性たんぱく質ではとりにくい良質なたんぱく質も含まれているので、ダイエット中でもうまく取り入れたい食品です。ただし、種類や部位によっては脂肪が多くたんぱく質が少ないなど、ダイエットには不向きなものもあるので、よく見極めることも必要。

例えば、焼き肉でも人気のメニュー、牛タン。これはカロリーが高いので減量中は要注意。胃腸系の臓物類も、エネルギーが高い割には、栄養素が少ないという特徴も。

そしてひき肉も一般的には、脂身が多く使われているので、高カロリーです。だから手作りでひき肉料理をする場合は、赤身の脂肪の少ない肉を挽いてもらうのがいいでしょう。

これに対してレバーは、独特なクセがあって嫌いな人も多いかもしれませんが、鉄分が多く、ダイエット中に陥りやすい貧血防止には効果的です。特に豚のレバーは、牛に比べて倍以上の鉄分が含まれています。

脂身の少ないもも肉や、皮なしの鶏肉は低カロリーなので、ダイエット中は上手に利用したいですね。

肉類の調理法としては、網焼きにして脂を落とすようにしたり、ゆでて脂を抜くなどするとカロリーも低く抑えられます。またフライパンで焼くことで脂を出してしまう方法も効果的。


生肉100gあたりのカロリー


牛もも肉(脂身なし)120kcal
脂身つきのもも肉は148kcal、肩ロース脂身付きだと238kcalなので、脂身なしの赤身を選びましょう。

牛ひき肉 293kcal
栄養素面では、たんぱく質もそれほど多くなく、脂質が多い。ひき肉料理に使う場合は、脂身の少ない赤身を挽いてもらうように。

豚ヒレ肉(脂身なし)134kcal
豚ばら肉の脂身つきの場合、417kcalに。動物性たんぱく質摂取のためには、豚もも肉の脂身なしがいい。

豚レバー 128kcal
鉄分、ビタミンAが大変豊富。ダイエット中に不足しやすい成分なので積極的にとりましょう。

鶏ささみ肉 105kcal
脂質がとても少なく、たんぱく質が多いのが特徴。カリウムやリンなども多い。鶏肉の皮なしは、比較的カロリーが低い。