簡単ダイエット方法・食べてキレイにやせる食事とは?


食べてキレイにやせるダイエット
に適した食品は、ずばり、高たんぱく質でしかも低カロリーの栄養価の高い食品です。

そして《食べてキレイにやせるダイエット方法》できれいにやせるための食事とは、
糖質(でんぷん質)や脂質(脂肪)を控えて、十分なタンパク質をとりながら、全体の総カロリー摂取量を減らすことです。

その方法とは、1日30品目の食品を摂るようにすること。そして、1日に必要なエネルギーより200~300キロカロリー少なめにすること。でも、カロリーを低めにしようと思うと、食事のボリューム感もなくなってしましまいますね。たくさん食べながらやせたい人にとっては、ちょっとつらい・・・

でも大丈夫。
ダイエットに適した食材を選ぶことで、ボリューム感のある食事にすることができます。

まずダイエット中でもしっかり摂りたいのが、筋肉や血液、骨、皮膚など体づくりのもとになる栄養素であるタンパク質です。主菜には肉や魚、卵などの動物性タンパク質や、大豆やその加工品など、植物性タンパク質をバランスよく取り入れるようにします。ここで大切なのは量ではなく、質。牛肉や豚肉なら低脂肪で高タンパクのもも肉やヒレ肉を使うようにして、バラ肉、脂身のついた部位は避けるようにします。どうしても・・・というときは、脂身の部分をカットして使うか、ひき肉料理などは、焼いた後に出るグレイビーソースを思い切って捨ててしまいましょう。

簡単ダイエット方法・食べてキレイにやせる食事とは?鶏肉の場合、皮つきは高脂肪なので、もも肉を選ぶか、胸肉は皮を取り除いて調理することです。ささみは肉類の中でもっとも低カロリーですから、ダイエットにピッタリの食品ですね。

魚なら低カロリーの白身魚やえび、たこ、貝類がおすすめ。まぐろのトロやイクラ、ウニ、ぶり、うなぎなどは想像以上にカロリーがあるので、ダイエット中はなるべく控えたほうがいいでしょう。

食べてキレイにやせるダイエット》でおすすめなのは、大豆製品です。

大豆は低カロリーで良質なタンパク質が豊富、そして大豆には、【大豆サポニン】と【大豆ペプチド】がふくまれています。【大豆サポニン】は脂肪・糖質の吸収を遅らせてくれる成分で、【大豆ペプチド】は吸収してしまった脂肪の燃焼を促してくれる成分です。

このほかにも大豆には食物繊維が豊富で、コレステロール値を下げたりする成分も含んでいるので、毎日の食事に積極的に摂り入れるといいですね。大豆の加工品としては、豆腐や納豆、油揚げなどや、消化吸収のいい豆乳などバラエティーも豊富にあり、ダイエットには最適な食品です。

野菜も低カロリーで、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を含んでいるので、毎日の食事にたっぷり取り入れましょう。野菜だけでなく海藻やきのこ、こんにゃくなども低カロリーで、食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含んでいます。野菜や海草類に豊富な食物繊維は、満腹感を得やすい食品でもあるので、これらの食品を食事にたっぷり使うことで低カロリーでもボリューム感がある食事ができます。

ご飯やパンなどの主食である糖質は、とりすぎると体脂肪となって太る原因になりますが、それでもある程度とる必要があります。糖質は脂肪燃焼の火付け役ともなり、脳の重要なエネルギーにもなるので、毎日一定量はとるようにしましょう。ごはんならお茶碗に軽く1杯、食パン1枚程度です。

ビタミンはどれも重要ですが、中でも代謝に深くかかわっているのがビタミンB群です。
ビタミンB群は、体に取り入れた糖質や脂質をエネルギーとして消費する時に必要です。不足すると、エネルギーの代謝がうまくいかずに、余分な体脂肪をつけてしまうことになります。なので、効率よく脂肪を燃焼させてエネルギーに変える役割をするビタミンB群も不足しないようにしましょう。

また、【脂肪+砂糖】の食べ物が好きな人は、特に注意が必要です。砂糖などの消化吸収がよいものは、インシュリンを急激にしかも大量に必要とします。このインシュリンを大量に出すために、すい臓がフル回転するわけですが、この時加速度がついて必要以上のインシュリンが分泌されると、血液中のインシュリン濃度が高くなります。このインシュリンには脂肪を脂肪細胞に溜め込む作用があるため、太りやすくなるんです。つまりそんなに食べてないのに・・・効率よく太ってしまうことになってしまいます。

簡単ダイエット方法・食べてキレイにやせる食事とは?