簡単ダイエット・アルコールとの上手な付き合い方
お酒好きな人には気になるテーマですね、ダイエット中のアルコールとの上手な付き合い方。
実際、どのお酒が太りやすく、どのお酒が太りにくいのでしょうか?

ビールや日本酒は糖質が含まれているから太りやすく、糖質の含まれていないウイスキーや焼酎ならダイエット中でも大丈夫?そんな話を耳にしたことはありませんか?

でも残念ながら、アルコールに含まれているカロリーはどれも大差はありません。お酒に含まれている糖質の量にはもちろん違いがありますが、エネルギーで見るとあまり変わらないんです。つまり、お酒の種類に関わらず、アルコールがカロリーのもとになっているわけなんです。

適量の飲酒であれば、血液の流れをよくしたり、ストレスの発散にもなるので、ダイエット中でもOKですが、やはり飲みすぎには注意!お酒が好きな人は特に注意しましょう。
その理由は・・・大きく分けると次のようになります。

まず、飲みすぎると血液中の中性脂肪が増え、その結果、体脂肪も増えてしまいます。また、お酒を飲むと食欲が増進され、消化能力が高まるうえ、おつまみには揚げものなど高カロリーのメニュー、塩辛いものがよく合います。お酒を飲みながらこうしたおつまみを食べると、どうしてもエネルギーの摂りすぎになります。

さらにお酒の勢いでダイエットの決心がゆるんでしまうこともあり、ついつい飲みすぎ、食べすぎなんてことも起こってしまいかねません!せっかくダイエットを決意して頑張ってきたのに、ちょっとした気のゆるみでコントロールできなくなってしまっては大変です。

こんなことから、ダイエット中はなるべくアルコールは口にしない決心が必要です。そうはいっても、やっぱりお付き合いで飲むこともあるでしょう。こんなとき《簡単ダイエットでキレイにやせる方法》では、あらかじめ飲むお酒の量を決めておくことで、カロリーコントロールと飲みすぎを防ぐことができます。

たとえば、日本酒なら約1合、ビールは中びん1本、ウイスキーならダブルで1杯と始めに決めておいて、それ以上は飲まないこと。主なお酒のカロリーを覚えておいて、カロリーオーバーにならない程度に飲むようにすると安心ですね。

簡単ダイエット・アルコールとの上手な付き合い方

●主なお酒のカロリー

生ビール(大ビン1本) 250kcal
生ビール(中ジョッキ) 200kcal
生ビール(ロンググラス250ml)100kcal

焼酎(コップ1)    250kcal
日本酒(とっくり1本 コップ1杯)200kcal
ウイスキー(ダブル1杯) 150kcal

サワー 140kcal
簡単ダイエット・アルコールとの上手な付き合い方老酒(100ml) 105kcal
紹興酒(1合180ml)200kcal

グラスワイン(120ml)100kcal
ウーロンハイ(コップ1杯) 90kcal
シャンパン (グラス1杯80ml) 80kcal

ウイスキー(シングル30ml) 75kcal
ブランデー (シングル30cc)75kcal
バーボン(シングル30cc) 65kcal

そしてお酒を飲んだ後はウーロン茶など糖質のない飲み物にかえましょう。またアルコールだけでなく、おつまみ選びも重要です。低カロリーで高たんぱくのメニュー、たとえば野菜サラダや煮物、煮魚、さしみ、冷や奴、酢の物、枝豆など、和食系がおすすめです。ただし塩分の多い物は避けましょう。お酒も飲む量とおつまみに気を付ければ、ストレス解消やリラックス効果もあってダイエットを楽しく続けられるはずです。

簡単ダイエット・アルコールとの上手な付き合い方