チョコレートダイエットでスリムになる方法
チョコレートを食べてやせるダイエット方法なんて・・・!
チョコレート好きな私にとってはうれしいニュースでした。

この【チョコレートダイエット】とは、カカオ含有量70%以上のチョコレートを50g(板チョコで半分)程度を、1日に数回(できれば食前)食べるというダイエット方法です。

チョコレートといえば、高脂肪で高カロリーといわれ、ダイエットには不向きな食品のひとつにあげられるでしょう。
でもチョコレートに含まれているいくつかの成分には、ダイエットや健康増進にとても効果があるといわれているんです。

まず、チョコレートの主成分でもあるカカオには、タンパク質やアミノ酸、脂質、糖質、食物繊維、ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が含まれています。
また、カカオに含まれる抗酸化物質ポリフェノールには、血液をさらさらにして脂肪の代謝を促す働きがあるといわれています。
つまり、カカオには脂肪分解酵素《リバーゼ》の働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぎ、体脂肪率を上げにくくする働きがあるのです。
またカカオポリフェノールには、ダイエットだけでなく動脈硬化などの成人病を予防したり、ガンの予防・花粉症対策・ストレス対策にも効果があるといわれています。

さらに、カカオバターに含まれる《オレイン酸》には、コレステロールを減少させ、カカオの《タンニン》、《食物繊維》には便秘予防の効果もあるんです。
こんなにたくさん体にいい働きがある、カカオがふんだんに使われているチョコレートを使ったダイエット。
ただし、このチョコレートダイエットで使うチョコレートは、どんなチョコレートでもいいわけではないので注意が必要です。


●チョコレートダイエットのポイント

1.カカオ含有量70%以上のチョコレートであること。
2.1日の摂取量は50gに抑えること。
3.食事の前など空腹時に摂取するようにすること。

できれば食事をする20分ぐらい前に適量のチョコレートを、味わう程度に食べるのが理想です。
食前にチョコレートを食べることにより、満腹中枢が刺激されるので、いつもより食事の量を抑えることができるからです。
でもカロリーを抑えながら、3食しっかりバランスのいい食事をとることは大切です。

さらにうれしいことに、 チョコレートの甘い香りには、集中力と記憶力を高めてくれる効果もあるんです。
カカオ豆に含まれる《テオブロミン》という成分には、ストレスによって増加するホルモンの分泌を抑え、精神的なストレスに対する抵抗力を強めてくれる働きがあるといわれています。
ダイエット中に起きやすい、甘いものをガマンするストレスも、これで解決してくれそうですね。

《チョコレートダイエット体験記》

この方法は簡単にできて、チョコレートをガマンするストレスから開放されるので、チョコレート好きの人にはいい方法だと思います。
ただ、いわゆる甘いミルクチョコレートではだめなので、カカオ含有量の多い高級チョコレート=ビターチョコレートの味が好きな人でないと、続けるのはちょっと厳しいかもしれません・・・。それにカカオ含有量の高いチョコレートはお値段高め・・・継続するのはちょっと大変でした。
チョコレートダイエットでスリムになる方法