玄米ダイエットでキレイにやせる簡単方法
【マクロビオティック】という言葉、最近よく耳にしますね。
マクロビオティックとは、ギリシャ語で、「マクロ=大きな」「ビオ=生命」「ティック=術、学」からなる言葉で、精白していない全粒穀物(小麦・大麦・ソバ・トウモロコシ・玄米など)に新鮮な野菜・緑葉野菜・えんどう豆・ナッツ・豆類・根菜・海草・果物を主体とした食事法のことをいいます。
肉類、乳製品をなるべく控えたナチュラル志向の食事法です。
実際には「動物性食品」をとる場合にも食事量の全体の1%以下にし、週に数回(ただし1日の食事の全体量の5~10%程度、肉ではなく天然物の魚など)摂るということになっています。

そして、玄米ダイエットとは、この【マクロビオティック】の考えを取り入れて、精製した白米やパンなどの主食を玄米に替えるというダイエット方法です。

玄米とは、米から【籾殻】を取り除いたもの。そしてその玄米から【笂芽】と【ぬか】を取り除くと精白米になります。
この精製過程で豊富な栄養素が取り除かれてしまうんです。
精白米はおいしいけれど、白米を玄米に替えるだけで、いろいろな健康効果が得られるんです。
玄米に含まれるビタミンB1は精白米の4倍以上、ビタミンB2は2倍、食物繊維は5倍、カルシウムは2.5倍、だそうです。
そして最近注目されている【ギャバ】も含まれています。

【ギャバ】とは、(gamma-aminobutyric acid、ガンマ・アミノブリチル酸)の頭文字をとった略称で、γ-アミノ酪酸(ガンマー・アミノ酪酸)のことをいいます。
このギャバ(GABA)とは人間の脳内に多く分布するアミノ酸の一種のことで、脳の血流改善効果、中性脂肪抑制効果、精神安定作用、及び高血圧改善作用があるといわれています。
玄米の中に豊富に含まれているこの【ギャバ】ですが、《発芽玄米》にすることでさらに効果的にとれます。
発芽させた玄米は普通の玄米に比べて、栄養が吸収されやすく、しかも低カロリー!
玄米を発芽させる方法は、玄米を水に1~3日浸して胚芽部分を1mmほど発芽させるだけ。
水の腐敗を防ぐため、気温の高い時は冷蔵庫に入れたり、水をこまめに取り替えることを忘れすに!
このようにちょっと手間をかけるだけで、栄養素がアップします。

でも白米の食生活から突然玄米食に替えるのは、ちょっと抵抗があるという人は・・・。
玄米の独特のにおい、味に慣れるまでは、白米に玄米をミックスしながら、徐々に玄米の割合を増やしていくというやり方をおすすめします。
玄米は白米よりも噛み応えがあって、ゆっくり食事が出来るので、過食も避けられます。(よく噛んで食べることで、得られる効果についてはこちらへ・・⇒簡単ダイエット方法・よく噛んでキレイになる!

玄米ダイエットは普段食べている白米を玄米に替えるだけなので、簡単に実行できますが、ただ即効性はあまり期待できません。続けていくことで、健康な体になり、気がついたら便秘が解消されて、中性脂肪が減って、体質改善されていく・・・というダイエット法です。でもダイエットはやせることよりも、むしろやせたあとその状態を維持していくこと(リバウンドせず、一生太らない体になる)が重要なので、無理なく続けられる方法を実践することが成功するポイントです。急激にやせるとその反動で急激に太りやすいということを忘れないで!

この玄米ダイエットをさらにパワーアップさせたのが、【五穀米】ダイエット!
五穀とは米、麦、粟、黍(または稗)、豆などをいい、具体的には、はと麦、とうもろこし、黒米、蕎麦、アマランサス、くこ、あずき、黒ごま、黒豆・・・。玄米にまぜて炊くとさらに効果があります!
玄米ダイエットでキレイにやせる簡単方法