低インシュリンダイエットでキレイにやせる方法
低インシュリンダイエットでキレイにやせる方法です。
この低インシュリンダイエットとは、インシュリンの分泌を低く抑える食品を摂ることで、血糖値の上昇を抑え、体脂肪の合成を抑制させるダイエット方法です。


●インシュリンとは?

食物を摂って血糖値が上がると、すい臓から分泌されるホルモンのことで、インシュリンはこの糖を運ぶ運搬役をする働きがあります。血中の糖はまず、肝臓や筋肉に運ばれ、エネルギーとして消費されるために蓄えられますが、ここで蓄えられなかった糖は脂肪細胞まで運ばれ、脂肪として蓄えられます。
糖尿病の人は,この運び屋であるインシュリンの分泌が不足しているせいで、いくら栄養をとっても吸収されない、そしてどんどんやせていくというわけです。やせるといっても血中には糖があふれかえっている状態なので、栄養失調、血管障害、失明・・・いろいろな障害があらわれてきます。

このように栄養吸収には欠かせないインシュリンですが、過度にでてしまうと、肝臓や筋肉が糖を蓄えられる許容量を超えてしまうために、あふれた分は脂肪細胞に運ばれ、体脂肪として蓄えられてしまうのです。
これが太る原因になるんです。
逆にインシュリンの分泌量をおさえることで、糖が脂肪細胞へ運ばれて、体脂肪として合成されるのを防ぐことができるというわけです。
このような太るメカニズムに着目したのが、低インシュリンダイエットです。
低インシュリンダイエットとは、このように血糖値を急激に上昇させないような食品を食べることで、インシュリンの分泌を抑えて、体脂肪の合成を抑制するダイエット方法です。


●【グリセミック指数】【GI 値】とは?

血糖値の上昇率を表す指標を【グリセミック指数】【グリセミック・インデックス】【GI 値】といい、これは、ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100としたときの、それぞれの食べ物の上昇率を示したものです。

この数値が低い食品が、血糖値の上昇率が低く、太りにくいというわけです。
血糖値がゆっくり上昇している間に、糖がエネルギーとして使われれば、体脂肪として蓄積されずにすむからです。
「ライ麦パンのほうが米よりも繊維豊富でGI 値も低い」、
「米より玄米、うどんよりそば、砂糖より黒砂糖など、精製されてないもののほうがGI値が低い」
・・・など理論上では、GI値を目安に食品を選んでも、食事として食品を摂る場合は、米だけでなく野菜や繊維質も同時に摂るので、GI値も変わってきます。
そして、このGI値は、食べ合わせのほか、咀嚼回数や個人差によっても違いがあるので、数値はあくまで目安として捕らえたほうがいいと思います。

それでもGI値の高い食品にはいくつか共通した特徴があります。
・消化の早いもの
・米や麦の精白度が高いもの
・野菜ではじゃがいも、にんじん
・野菜ジュース、果物ジュース

そして、いくらGI値が低い食品でも摂りすぎればカロリー過多になり、結局消費されなければ脂肪として蓄えられることになるので、カロリーを全く気にせず、GI値の低い食品なら何でも好きなだけ・・・というわけにはいきません!
ただ、精白米を玄米にかえる、白パンをライ麦パにかえるなど、これまで食べていたGI値の高い食品を低い食品に代えてみるだけでも、健康的にやせる効果はあるでしょう。


●低インシュリンダイエットのポイント

1.主食(炭水化物)にはGI値の低い食品を選ぶ。
炭水化物+食物繊維でインシュリン分泌を抑えられる。

2.肉魚は食物繊維の豊富な野菜や海藻類と一緒に食べると、GI値が上がりにくい。

3.食後のデザートは、血糖値をはねあげるもとになる。
満腹時の糖分摂取は血糖値を上げます

4.GI値が上がりにくい調理法はグリル。
油を大量に使うことも避ける。

5.【やわらかいもの】より、【固いもの】を選ぶ。
うどんよりそば、パスタはアルデンテ、煮物などは煮過ぎない。
長く茹でる、すりおろす、つぶすなどの行為は吸収率を高めます。

ここでも【繊維質】がポイントですね。
食事の際、繊維質の多いものを一緒に食べれば、血糖値も上がりにくいというわけですね。
ちょっとしたことですが、覚えておけば食品選びに役に立つと思います。
低インシュリンダイエットでキレイにやせる方法

Page 1 of 2