五穀米ダイエットでキレイにやせる簡単方法
玄米ダイエットをさらにパワーアップさせたのが、五穀米ダイエットです!
米と麦を除く穀類を【雑穀】といいますが、【五穀米】とは米、麦、に加え、日本古来から栽培されている、あわ、ひえ、豆などの雑穀をブレンドしたものです。
最近では9種類や10種類、あるいは20種類もの雑穀をブレンドした十穀米や二十穀米などが販売されているので、お好みで選ぶといいですね。

主食を白米から玄米に替えるのが玄米ダイエットなら、白米や玄米を五穀米に替えるのが五穀米ダイエットです。
ひえやあわなんてなんだか小鳥のエサのような気がしますが、お米に混ぜるともちもちした感触で、白米食とはひとあじ違ったおいしさが味わえます。
噛めば噛むほど味が出て美味しいので、少量でも満腹感が得られ、食べすぎも防ぐことが出来ます。
よく噛むことで、あごの筋肉を使うので小顔効果も得られます!

でも何といっても雑穀は白米に比べて低カロリーなうえ、栄養価が高いのが特徴です。
ビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維などが豊富なので、白米あるいは玄米に加えるだけでもヘルシーな健康食になります。
五穀米には血液の循環をよくしたり、血圧、コレステロール、血糖値を正常値にしたり、また最近の研究では、活性酸素を除去する働きがあることも分かりました。五穀米を普段の食事に取り入れることで、免疫力を高め、体の抵抗力をつけることができるんです。


●雑穀米の健康効果について

大麦】・・・食物繊維が豊富。便秘解消、コレステロール、中性脂肪を低下させ、血糖値を下げる効果。

押し麦】・・・大麦を蒸してやわらかくしてから平たくつぶしたもの。カルシウム、食物繊維が豊富。

あわ】・・・タンパク質、ビタミンB1、B2、鉄分など。貧血や善玉コレステロールの値を高める効果。感染症予防や皮膚のトラブルに効果。

ひえ】・・・食物繊維、マンガン、マグネシウム、亜鉛などが豊富。善玉コレステロールの値を高める効果。冷え性軽減。

きび】・・・タンパク質、ビタミンB1、B2、亜鉛などが豊富。善玉コレステロールの値を高める効果。

はと麦】・・・アミノ酸(グルタミン、プロリン、ロイシン)が豊富。血中コレステロールの低下。はと麦特有の成分「コイクセノリド」、新陳代謝を促すビタミンB群、ミネラルなどが、肌の角質層の新陳代謝を活発にして美肌効果。利尿作用があるのでむくみ予防にも。

そば】・・・タンパク質、ビタミンB1が豊富。ルチンは毛細血管を丈夫にする。動脈硬化、高血圧予防、便秘の改善。

赤米】・・・たんぱく質、ビタミンB1、カルシウムが豊富。赤米の赤い色はポリフェノールの一種、タンニン。血中コレステロールや血圧、血糖値を下げる作用。

黒米】・・・アミノ酸、ビタミンB群、ビタミンE、鉄分、カルシウムなどが豊富。紫色の色素には、ポリフェノールの一種、アントシアニン系色素。抗酸化作用、動脈硬化予防、発ガン予防など。

アマランサス】・・・タンパク質、ミネラル(カルシウム、マグネシウム)が豊富。
五穀米ダイエットでキレイにやせる簡単方法

Page 1 of 20