簡単ダイエット・食事のバランスをとってキレイにやせる方法
糖質》といえば、甘いもの、すなわち砂糖や果糖を思い浮かべるという人が多いでしょう。
でも、ひと口に糖質(炭水化物)といっても、実は大きく分けると3種類の糖質があるんです。

まずは、ブドウ糖や果糖などの【単糖類】、
砂糖などの【二糖類】、
そして米や麦など穀物のデンプンである【多糖類】です。

いずれも体内に入ると最終的にはブドウ糖に分解されて、腸で吸収されます。ブドウ糖は体に不可欠なエネルギー源ですが、たくさん摂りすぎて利用しきれなかった分は脂肪細胞に取り込まれ、体脂肪を合成しやすします。中でも甘みを感じる単糖類や二糖類は、多糖類に比べて消化吸収が速く、インスリンの分泌を促すのも速いため、脂肪として蓄積されやすい性質があります。このため甘いものは太りやすいと言われるんですね。

では、多糖類なら大丈夫かというとそうではなく、やはり摂りすぎは禁物です。多糖類が多く含まれる食品にはご飯やパンなどの穀類をはじめ、イモ類、とうもろこし、栗、バナナなどがあげられますが、こちらも過剰にとれば体脂肪として蓄積されてしまいます。また、単糖類を多く含む食品には果物やはちみつなどで、二糖類はケーキなど砂糖を使った食品やお菓子などがあげられます。

やせてキレイになる簡単ダイエット方法》では、単糖類や二糖類を多く含むこれらの食品を食べる量を抑えて、穀類やイモなどのでんぷん質(多糖類)をうまく摂りいれることが大切です。

食品に含まれているおもな栄養素には、3大栄養素である【たんぱく質】【糖質】【脂質】と、ビタミンやミネラルなどがあります。私たちの体を構成している細胞は、これらの栄養素からつくられ、日々、新陳代謝をくり返して新しく再生されるんです。どの栄養素も、それぞれが大事な役割を担っているので、バランスのよい食事を摂ることが大切なんです。

それでは、バランスのよい食事とは?
これら5つの栄養素【たんぱく質】【糖質】【脂質】【ビタミン】【ミネラル】が過不足なく含まれている食事のことです。

でも難しいカロリー計算は必要ありません。食品にはその種類によって含まれている栄養素が違うので、できるだけたくさんの食品をとれば、自然とバランスのよい食事をとることができるからです。量は少なめに、できるだけたくさんの種類の食品を摂るようにすればOK。

その目安は1日30品目
この30品目のうち、糖質や脂質の多い食品は少なめに、タンパク質を多く含む食品や野菜をたっぷり摂るように心がけるだけで、キレイにやせることができます。

簡単ダイエット・食事のバランスをとってキレイにやせる方法